あなたの花個紋を探しましょう


弊社と無契約での商品製作、他社への制作依頼は、著作権の侵害となります。
>>> 詳細はこちら

法人サービス:バースデーシップ
  • HOME > 
  • 花個紋とは

花個紋とは

366日の花個紋とは

四年に一度の閏年だけにある
二月二十九日もいれて一年366日。

花個紋は四季折々の花を「紋」にあらわした
366日のバースデーシンボル。
一日に一つずつ“その日”を祝福する「しるし」として生まれました。

「花が開くは運気が開く。実が結ぶのは成果が実る」といわれ
草花をモチーフとする文様は、
古くから「吉兆のしるし」としてつくられ、親しまれてきました。
桜や梅にはじまり菫や撫子など、身近な花々は家紋にも数多く見られます。
花を紋という形にすることで、
紋をつくる人も身にまとう人も、花に宿る精気を感じ、
精神性の高まりを感じていたといわれています。

日本人の花を愛する心情、季節の移り変わりを察する感受性、
そして、シンプルな形に多くの意味を見出す知性。
そういった日本の精神性をベースに家紋を研究し、
「個紋」という新しい文化を経て、「366日の花個紋」はできました。

花個紋は一日に一つずつ。
花個紋は〝その日〟を象徴する花の花姿・性質・歴史を踏まえ、
“その日”を祝福する「しるし」として生まれました。
一つ一つの花個紋は現代の開花時期にとらわれず、
昔からある日本の伝統行事や節句、
戦後恒例化したイベントにちなんだ花も取り入れています。

 

  一月一日は一年の福を祈る福寿草。
  三月三日は節句にちなんだ桃の花。
  五月五日は花菖蒲。
  八月五日には夏の太陽にも負けない向日葵。
  十月二十三日には実りを喜ぶ木通(あけび)。
  十二月二十五日はクリスマスにちなんだ柊。

366の花個紋を移り変わる季節を彩る花暦として楽しんでください。

このページの先頭へ